スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

然 (名前シリーズ)  2010

然(ぜん)
zen1kon.jpg


然(ぜん)は今年の7月で1歳になった、3人目の男の子の”孫っち”です

いつも、にこにこ。嬉しそうに、私を見ます。



温厚な雰囲気です(今のところは・・・)

でも、たぶん、きっと、いたずら好きな、元気者になるでしょう。

男の子だもの、そうでなくては!!



ベランダで写したら、周りの景色が、アクリル板に映って、面白い画像に

マットの色も明るくなっています。

少しのことで、雰囲気が変わってきます。

いろいろやってみると、おもしろいです。
 
zen2kon800.jpg



大きさや、部分的に変化させて、いろいろ書いてみました。

私は、一番小さいのが気に入っています。

zen3kon800.jpg






スポンサーサイト

希   希望

 希という文字の字体をかえて、書いてみました。(2006年ごろ)
              



2006ki2.jpg


希望

kibou500.jpg
 



心を動かされた手紙


新聞の広告に使われていた、手紙です。

差出人は 野口シカさん。  野口英世のお母さんです。

海外で研究中の息子に会いたい一心から、

普段書くことがなく忘れていた文字を思い出しながら、書いた手紙です。

心の底から、力いっぱい書いた、手紙だと思います。

はやくきてくたされ はやくきてくたされ はやくきてくたされ・・・・ に、涙が出ました。

黙って、こらえて耐えていた寂しい気持が、詰まった言葉だと思いました。

世界で活躍する息子に会いたくても会えない・・・・

寂しさをこらえて日々の暮らしを営んでいたのだと思います。

才能があり、人類のための役立つ研究を続ける息子を持つことは、

母にとっては、幸せなことにちがいありません。

でも、息子の成功を願い、会いたくても、会うことのできない寂しさは、

どのようなものだったでしょう。

おなじ母として、私には耐えがたいことのように思えます。

img039-1-800.jpg






龍馬の手紙

最近、後藤象二郎宛、坂本龍馬の手紙(大政奉還の時の激励の手紙)の草稿が発見されて、

新聞にほぼ実物大で掲載されていました。

草案なので、署名は龍馬ではなく、坂本直柔。誤字、脱字あり。

実際に出した手紙とは、かなり雰囲気がちがうけれど、私は草案の方が、おもしろく感じられました。

時は今(?)ということで、巻紙と、和筆、墨を購入。臨書に初挑戦。

一枚書くのに、最初かなり時間がかかりました。

”物になるろうか”と不安になりつつ、けれど、なにか惹きつけられる感じがして、

この暑い中、まさに”心頭滅却”して、書いてみました。

今まで、書いたことのないジャンルなので、しんどさはあったものの

新鮮さがありました。

毎日、龍馬さんになり、後藤さんにお手紙をしたためること、2週間ばかり・・・

私の中では、”好きな作品”のひとつに、なりました。


表具前の作品

P8130008kiritori1280.jpg



表具・・・紙に淡墨で”波(のつもり)”を描き、作品の下の方は、海と波を、

      上の方は”風雲急を告げる”空の雲行きを表現してみました。どうかなぁ・・・・

(画像が鮮明ではないのが、残念・・・)


P8130018kiritori解像度









蛍 


hotarudai800.jpg

全紙の半分に書いた蛍・・・だいぶ前のものです


hotaru1800.jpg

この蛍は、泰山窯の川村さん作の小さなお皿に貼ったもの。

”ほたる”の焼き物は、川村さん独自の手法で焼かれています。

これは、ぽーっとしたやさしい雰囲気のお皿です。





カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


プロフィール

yymk3

Author:yymk3
メインは”書”で。
いろんなことを 時々(たぶん、定期的には、無理だろ・・・から)気軽に、載せていこう・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。